☆ 海&陸便り ☆

海の学校でのダイビングや講習の様子などなどUPしています!!!

 

                           ⇩Face bookも見てね

穏やかな海

穏やかな海況が続いています。

水温19~20度

透明度3~5m

ウエットスーツでのダイビングする方が増えてきました。

アオリイカの産卵は見ることが出来ませんが卵がたくさん産卵床に着き始めました。

カエルアンコウの幼魚も出始めています。

砂奥のサガミリュウグウウミウシはいなくなりました。でもまだ、タンブヤ・ウェルコニスは2個体いました。

 

ムチカラマツにもビシャモンエビが付いています。ウミウシも定番ウミウシや小さなウミウシがいます。そろそろダイビングを今年もスタートしようとしてる方もいると思います。

久々で不安な方やオープンウォーター取得下だけの方はへ

6月9日・10日で初心者ツアーを開始します。

9日はゆっくりとプールで練習。10日は海で楽しみます。

是非、参加してみて下さい。

伊豆大島ツアー

伊豆大島ツアーに行って来ました。

5月19日 土曜日~20日 日曜日で伊豆大島ツアーに行って来ました。

19日は大島のメインポイント秋の浜へ2ダイブ

20日は王の浜・野田浜へ

伊豆大島東京から1時間45分・伊東から45分で到着します。船もジェット船なのでほとんど揺れず、船酔いの心配もほとんどありません。

海の中は一年中いろんな生物が見えます。

19日の秋の浜は穏やかで深場は何と30m越えの透明度がありました。真っ青な海でした。

ハナダイ系が多く写真にはありませんがアサヒハナゴイ・フタイロハナゴイ・スジハナダイなども見れまた、ウミウシも多いです。2日目の王の浜ではゲストの方がなんとコンシボリガイを・・・

大島は何が出るかわかりませんね~

ダイビングあり・温泉あり・海の幸ありの大島ツアーに是非、参加して見て下さい。

 

次回大島ツアー 

7月28日 土曜日~29日 日曜日

8月18日 土曜日~19日 日曜日

8月20日 月曜日~21日 火曜日

 

ご希望でアドバンスコースも出来ます。

タンブヤ・ウェルコニス

川奈ビーチの海況

 透明度5~8m

 水温18~19℃

 

やばいです。タンブヤ・ウェルコニスが4個体もいます。同じ場所に!!

多分、産卵行動のため同じ場所に集まって来てるのでしょうが、同じ場所にタンブヤ・ウェルコニスが4個体・サガミリュウグウウミウシが2個体います。感動もんです。

是非、見に来て下さい。

 

 

 

 

同じ場所いるサガミリュウグウウミウシです。

かなり大きい個体です。

この時期から初夏にかけて川奈ビーチで見かけることが出来ます。

体色はブルーの個体が多いです。黒の個体はほとんど見ません。

食べてるもので異なる見たいです。

でもどうしてこんな鮮やかな色なんでしょうね~

不思議でしょうがないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コソデウミウシの産卵です。

よく見ると卵を産んでいます。

先日見た個体より色が薄れて来ています。

産卵すると薄れるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

500円だまより大きいです。

5cmあるかなくらの個体です。

この時期でもまだ見ることが出来るんですね。

 


梶ヶ根オープン準備

いよいよ川奈も夏シーズン時間になります。

エキジット時間が16時30分に変更になります。ゆっくりのんびり3ダイブ又は4ダイブ出来ます。おすすめは2ビーチ1ボートです。

また、夏季限定ポイントもオープンします。

赤根・梶ヶ根です。

どちらもおススメのポイントですので、この機会に是非、潜って見て下さい。

 

本日は梶ヶ根のブイ作業&リサーチダイブをして来ました。

 

 

梶ヶ根はメインの大きな根がありますが、その周りに沖に向かって細長い根がいくつもありその周りにをトビエイ・ワラサの群れが回遊してきます。根付近にはサクラダイの群れやキンギョハナダイの群れなどがいて綺麗です。

メインの梶ヶ根の根はイボヤギが一面覆っているので咲くとお花畑みたいになります。この周りにはイサキ・タカベの群れが回遊してきます。

根にはウミウシが多くつく場所があり、何種類ものウミウシを見ることが出来ます。

また、梶ヶ根にはジョーフィッシュを見ることが出来ます。一生懸命巣穴を作る姿は可愛いですよね。でも、シャイなのでなかなか寄らせてくれないのが難点です。根気強く粘ってみて下さい。

これから楽しみのポイントの一つです。

GW最終日

GW最終日の今日も穏やかな海で陸も暖かでした。

本日はビーチ&ボートダイビングをしてきました。

ビーチの海況 水温16~17度 透明度5~10m

ボートの海況 水温17~19度 透明度8~12m

どちらも良好のコンディションです。

ビーチは砂地奥へ探索!!なんとコソデウミウシとツノザヤウミウシがいました。

最近はダンゴウオばかり見に行っていたので奥のリサーチ不足でした。

それもコソデ1個体・ツノザヤ2個体がなんと1m以内にいました。

ボートは馬の背へ・・・砂地にサカタザメ。他のチームはカスザメ・ドチザメ・ネコザメも見れていました。うちらは北の根でウミウシ探しをしました。キイボキヌハダ・ミツイラメリ・ムラサキウミコチョウ・クロスジ・ミヤミラ・ニシキ・コモンなどがいました。

ウミウシの時期再来・・・この時期でもウミウシがいっぱい見れます。特にボートはおすすめです。

綺麗なウミウシが多いです。ウミウシあり・サメありのボートでした。